今更聞けない法事の基礎知識

いざという時でも大丈夫!年忌法要のマナーを伝授

各儀式でのマナーを把握しておこう

このコラムをシェアする

他の法要とは少し異なる「一周忌」法要とは

一周忌とは、故人が亡くなられてからちょうど1年後に行う法会のことを言います。
1回忌との違いは、1回忌は1回目のおつとめのことを指すため、葬儀が1回忌となり、一周忌は回忌で言うと2回目のおつとめを指すため、2回忌にあたります。
また、亡くなられてから1年は喪に服する期間とされ、年賀状や正月挨拶を控えたりします。
一周忌は、亡くなられてから1年という大きな節目と共に、忌明けとなるため、同時に年忌法要の始まりとなります。
仏教では、亡くなられた方が無事にあの世へたどり着けるように、遺族の供養が重要とされていることから、一周忌は、親しい知人や友人など幅広く招待し盛大に見送るとされています。
基本的には、四十九日までに納骨をしますが、まだの場合は、この一周忌の日に納骨を済ませることもあります。
一周忌の引き出物としては、遠方からお越し下さる方のことも考え、負担にならない持ち運びしやすいものがよいでしょう。

三回忌、七回忌、弔い上げでのマナーと意味

三回忌は、故人が亡くなられて2年後に行う法要で、七回忌は、6年後の法要です。
一周忌が、亡くなられてから1年後に行うため、三回忌とは2年連続で行います。
本来であれば、毎年、命日に故人を偲び法要を行うところですが、毎年は大変なので、仏教で大切にしている3と7が付く回忌に行うとされています。
三回忌では、御供物料として現金を包むのも一般的ですが、注意点としては香典は、故人の霊前に供えるものなので、年忌に供えるものは香典ではなく「お供え」となります。
お供え物には、「残る物」は悪い縁を後に引きずるという言い伝えから避けるべきとされ、飲み物や食べ物など「消え物」が適切で、故人の好きだったものを供え、みんなで分けるもの供養の1つのようです。
また、七回忌の法要から縮小傾向になっていくことが多く、一般的に三十三回忌が弔い上げと言われています。
弔い上げの回忌は遺族内で決め、弔い上げ以降も故人を偲びましょう。